食べる

本庄「ガリガリ君」工場見学始まり7年 夏休みの自由研究向け見学も

「本庄千本さくら『5S』工場」の外観

「本庄千本さくら『5S』工場」の外観

  •  

 「ガリガリ君」で知られる赤城乳業(本社=深谷市)が「本庄千本さくら『5S』工場」(本庄市児玉)で一般向けに工場見学を始めて間もなく丸7年になる。

 同社は1961(昭和36)年12月設立。主力商品の一つである「ガリガリ君」には「子どもが喜ぶ夢いっぱいのアイスを」という同社の願いが込められているという。

[広告]

 同工場は2010年2月、年間で日本のアイスクリーム生産量の約10%に及ぶ最大約8万キロリットルの生産能力を持つ新工場として操業を始めた。『5S』は整理・整頓・清掃・清潔・しつけの頭文字Sを取ったもの。工場見学は2011年7月に始めた。

 同工場の見学は常時受け付けている。見学希望月の3カ月前の1日から2カ月前の20日まで、インターネットまたは往復はがきで申し込みを受け付けている。市外からの参加も可能。電話での申し込みは不可。

 見学内容は、アイス製造工程の見学、ガリガリ君広場の見学、アイスの試食。見学特典として、アイス試食の案内、オリジナルノベルティーグッズ進呈。参加無料。毎回20人(1日5回見学時間を設定)。

 8月に見学を希望する場合は6月20日が締め切り。8月9日・10日は、特に夏休みの自由研究をテーマとした見学を予定。そのため見学内容が通常と異なり、「小学生以上が、より楽しめる内容になる」という。