3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

女子フットサル「ポルコ」、関東リーグ来季参入決定 5回目の挑戦で

来季の関東リーグ参入が決定したポルコの選手らと監督・コーチ陣

来季の関東リーグ参入が決定したポルコの選手らと監督・コーチ陣

  •  
  •  

 埼玉・上里のTSスポーツセンター(上里町七本木)で練習している群馬県女子フットサルチーム「ドリームフットサルパークPORCO(以下、ポルコ)」の来季、関東リーグ参入が決まった。

応援歌「GO!GO!ポルコ~令和を駆け抜ける~」を歌うタオンさんと選手ら

 ポルコは昨年2月の試合に勝利すれば、県リーグから関東リーグに昇格する予定だったが敗退。ウニクス上里(上里町七本木)で昨年5月5日に行われたイベントで、木元智美キャプテンは「目標は関東リーグ参入」と力強く宣言。当日はシンガー・ソングライターのタオンさんが応援歌「GO!GO!ポルコ~令和を駆け抜ける~」を初披露した。

[広告]

 「第11回関東女子フットサルリーグ参入戦」の1回戦は2月23日、「プリティミトリーベ」(茨城県)と対戦し、11対2でポルコが勝利した。2回戦は3月1日、「ヴィエントFC」(神奈川県)と対戦。1対1でPK戦となったが、ポルコは3人全員成功しPK3対2で勝利。参入戦2連勝したことで来シーズンの「関東リーグ」参入が決まった。

 タオンさんは「コロナの影響で無観客試合になった3月1日、ネット中継を見て応援した。勝ってくれてとてもうれしい。これからもポルコの応援歌を歌い続けたい」と話す。

 須崎充樹監督は「今年で5回目のチャレンジ。めちゃくちゃ長い道のりでした。応援してくれた全ての方々本当にありがとうございました。また次の目標に向かって全力で取り組みたいと思います」とフェイスブックに投稿した。

 同チームは毎週土曜の20時~22時、上里町のTSスポーツセンターで練習しており、一緒に戦う仲間も募集している。