食べる

「スーパー総選挙」始まる 本庄・上里にもある「ヤオコー」、1位目指す

ヤオコー上里店の外観

ヤオコー上里店の外観

  •  

 TBSラジオの生活情報番組「ジェーン・スー生活は踊る」が主催する「第2回スーパー総選挙」の投票が5月25日、始まった。

「ヤオコー上里店」で配布しているフライヤー

 コラムニストのジェーン・スーさんがパーソナリティーを務める同番組。同企画は、リスナーが一押しのスーパーに投票し、その順位を番組内で発表するもの。1回目は昨年5月29日~6月11日の投票期間に1538票の投票があった。エントリーは233社。同局の放送エリアである首都圏を中心に多様なスーパーが登場した。

[広告]

 第1回の結果は、1位=「オーケー」、2位=「ヤオコー」、3位=「SEIYU」。本庄市および児玉郡内で営業するスーパーでは「ヤオコー」のほか、6位「ベイシア」、9位「イオン」がベスト10にランクインした。

 昨年2位となったヤオコーは1890(明治23)年創業。関東に158店あるが、そのうち半分以上を埼玉県内で展開しており、本庄市内に1店舗、上里町内に1店舗がある。

 毎年2月の特定日を全店一斉休業日として従業員のレクリエーションを目的に、さいたまスーパーアリーナを貸し切り「大運動会」を行うなど福利厚生にも力を入れているヤオコー。

 第2回では「1位」を目指し、フライヤーで「ヤオコーが愛される理由」を紹介し投票を呼び掛けている。その中には、ヤオコーのパン店「ピノ」のオリジナルパンの一つ「カレーパン」を取り上げている。

 放送時間は月曜~金曜の11時~13時。「投票フォーム」から、一票を投じたいスーパー名と一押しポイント、名前、住所、電話番号を明記して送る。

 締め切りは6月14日13時。ランキングの結果は同15日の番組内で発表予定。