天気予報

16

9

みん経トピックス

埼玉・上里でダンスフェススーパーカーが上里出発

ピアニスト辻井伸行さんの母・いつ子さん、美里町で講演

ピアニスト辻井伸行さんの母・いつ子さん、美里町で講演

ピアニスト辻井伸行さんの母・いつ子さん

写真を拡大 地図を拡大

 ピアニスト辻井伸行さんの母、辻井いつ子さんが11月18日、遺跡の森総合公園にある「遺跡の森館」(美里町木部、TEL 0495-76-0204)のホールで講演を行う。主催は美里町と美里町教育委員会。

講演会が行われる「遺跡の森館ホール」

 辻井さんの長男・伸行さんは生後間もなく全盲と判明したが、辻井さんは「明るく、楽しく、諦めない」をモットーに伸行さんを育てたという。常に子どもの可能性を信じ、よく見て、ほめるという「親ばか」の子育てで、生後8カ月で伸行さんの音楽の才能を見つけ、プロのピアニストへと二人三脚で歩んだ。伸行さんは2009年6月、アメリカで開催された「第13回ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール」で日本人初の優勝を果たした。

 いつ子さんは元アナウンサー。TBSラジオで2015年4月から「辻井いつ子の今日の風、なに色?」のパーソナリティーを務める。今回、「子どもの才能の見つけ方、伸ばし方」について、自身の体験を元に講演を予定する。

 当日は、美里町内の小・中学生から募集した標語も掲示する。人権標語・作文の優秀作品の発表と表彰が13時15分から行われ、講演会は14時開始。入場無料。手話通訳あり。

グローバルフォトニュース