見る・遊ぶ 暮らす・働く

彩の国地域映画「クオリアの隣で」 本庄市内と児玉郡内で撮影へ

「クオリアの隣で」に出演予定のガールズバンド「TrAstメルヘン」の凛(りん=左)と梓(あず)

「クオリアの隣で」に出演予定のガールズバンド「TrAstメルヘン」の凛(りん=左)と梓(あず)

  • 57

  •  

 彩の国地域映画「クオリアの隣で」の撮影が8月24日~27日の4日間、本庄市と児玉郡内で行われる。芸能プロダクションを経営する「オフィスメランコリー」(本庄市児玉)と学習塾を経営する「早稲田オープン塾」(上里町七本木)から成る「UK彩の国地域映画製作委員会」が7月21日、発表した。

彩の国地域映画「クオリアの隣で」に特別出演する経営コンサルタントの神田昌典氏

 同作の脚本は、同プロダクションの社長兼総合プロデューサーの憂or絶さんが担当し、監督も務める。主演はガールズバンド「TrAstメルヘン」。約1時間20分の映像作品に仕上がる予定。

[広告]

 同委員会は、映画製作と上映会の費用を捻出するため国立青少年教育振興機構の「こどもゆめ基金」へ助成金を申請したが、予算枠の関係から申請金額の約半分の63万8,000円の支給額になった。そのため、差額分をクラウドファンディング「100%GIV」で支援を呼び掛けている。

 ロケ撮影は4日間にわたって、市町内の商業施設、学校、学習塾、飲食店などで行うが、クライマックスシーンの撮影は8月25日、本庄市市民活動交流センター(通称「はにぽんプラザ」=本庄市銀座1)で行う。当日は、俳優の清水章吾さんや経営コンサルタントの神田昌典さんも参加予定。現在、エキストラを募集している。

 憂or絶さんは「地域で映画を製作し上映することを通して、子どもたちに夢と感動を与えたい。今回の映画出演で、俳優や女優の道を志している若者がステップアップできるきっかけになってほしい」と期待を込める。

 作品は来春上映予定。