3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く 学ぶ・知る

本庄市内の公立小中学校が臨時休校へ 県立本庄高校も

埼玉県立本庄高校

埼玉県立本庄高校

  •  
  •  

 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、本庄市内の公立小中学校は3月3日から、県立本庄高校は3月2日から、それぞれ臨時休校する。

本庄市役所

 同市内の公立小中学校の休業期間は3月3日~26日で、3月2日については、通常通りの授業で給食も用意する。毎週月曜・木曜の午前中を登校日とし、学校では児童生徒の状況把握と家庭学習の指導等を行う。登校日には健康観察の記録を持参。卒業式は、中学校は3月13日、小学校は同24日に卒業生のみで行う。卒業学年以外は3月26日に修了式を行う。

[広告]

 同市内小学1~3年の児童と小中学校特別支援学級の児童生徒については、仕事を休めないなどの理由で、家族で対応できない場合は「原則として平日の8時20分~14時30分、弁当持参で原則保護者の送迎を条件に学校で預かる」という。「今後の状況により変更となる場合がある」とも。

 吉田信解本庄市長はツイッターで、「集団感染を防ぎつつ社会の混乱をどう最小限に防ぐか。教育長が昨晩寝ずに考えた案を協議し校長会の意見を聴いて方針を決定した」と述べている。

 県立本庄高校の臨時休校期間は3月2日~24日。「臨時休業期間中、生徒は不要不急の外出は避け、できるだけ自宅で過ごす」「期間中の部活動は行わない」ことなどを呼び掛ける。教科書販売に関わる対応として、全日制の1・2年生は3月4日登校、卒業式は3月4日に行う予定。