3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

地場産野菜を使ったサイダー「本庄六つ野菜だー」、新成人が試飲

「本庄六つ野菜だー」を試飲する新成人たち

「本庄六つ野菜だー」を試飲する新成人たち

  •  
  •  

 埼玉グランドホテル本庄(本庄市駅南2)で1月12日、中学同窓会に参加する新成人に対して地場産野菜を使ったサイダー「本庄六つ野菜だー」の無料試飲が行われた。

「六種類の味、あなたは何の味がしますか」と書かれたボードにシールを貼る新成人

 午前中に成人式を終えた新成人は、学校ごとに行われる同窓会に出席するため同ホテルを訪れる。これに合わせて試飲を行い、「六種類の味、あなたは何の味がしますか」と書かれたボードにシールを貼ってもらった。

[広告]

 本庄のまちおこしを目的に設立されたシェイクハンド(銀座3)が12月24日、本庄産野菜100%のサイダー「六つ野菜だー」を1万本限定で発売。「カリフラワー」「ブロッコリー」「キュウリ」に「ネギ」「トマト」「ニンジン」を加え、計6種類の地元野菜を原料に使う。

 同商品は、「こめ吉商店」(千代田1)をはじめ埼玉ひびきの農業協同組合が運営する5つの農産物直売所や本庄早稲田駅構内にあるシェイクハンド直営の「はにぽんカフェ SAKURA」、埼玉グランドホテル本庄(駅南2)などで扱っている。

 本庄西中同窓会に参加するために同ホテルを訪れた大学生の小暮優斗さんは「このサイダーはブロッコリーの味がする。実家が農家なので野菜は大好き。小さいころから父の手伝いで、白菜、ネギ、キュウリ、トマト、米などを育てた」と話していた。「『六つ野菜だー』のことは初めて知った。また飲みたい」とも。

 アンケートでは「トマト」が1位を獲得した。価格は3本入り1,200円(税別)。