見る・遊ぶ 暮らす・働く

俳優の清水章吾氏 地域映画「クオリアの隣で」出演発表 フラダンサーの父親役で

親子役で出演すると発表した俳優・清水章吾氏(左)とMAKIHULA主宰・逸見真紀さん

親子役で出演すると発表した俳優・清水章吾氏(左)とMAKIHULA主宰・逸見真紀さん

  •  
  •  

 俳優の清水章吾氏とフラダンサーの逸見真紀さんが8月11日の「青春バンドCHELSEA結成6周年記念・サマーコンサート」内で、8月24日から撮影を開始する彩の国地域映画「クオリアの隣で」に、親子役で「友情出演」すると発表した。

エキストラ募集の案内

 同映画は、芸能プロダクションを経営する「オフィスメランコリー」(本庄市児玉)と学習塾を経営する「早稲田オープン塾」(上里町七本木)が中心となって企画。本庄市の「はにぽんプラザ」(本庄市銀座1)や上里町の「ウニクス上里」(上里町七本木)などで活動している地域住民が出演する予定。TrAstメルヘンの凛(りん)と梓(あず)が主演を務め、俳優の道を進もうとしている首都圏在住の若手も複数人出演する。

[広告]

 今回「友情出演」する清水氏は本庄市在住で、テレビドラマなどで名演技を見せる実力派俳優。同氏は「出演するからには最高にいい映画にしたい」と意欲を見せる。

 娘役に挑戦する逸見さんは秩父市在住でフラダンスグループ「MAKIHULA(マキフラ)」を率いており、同映画では、グループのメンバーとともに本職の「ダンサー」としても出演が予定されている。同グループは、全国公開している映画でもエキストラ出演の実績がある。

  • はてなブックマークに追加