3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ 買う 暮らす・働く

ウニクス上里で13人がマルシェデビュー 3万円ビジネスで

「3ビズマルシェ」に参加した13店の店主ら

「3ビズマルシェ」に参加した13店の店主ら

  •  
  •  

 ウニクス上里(上里町七本木)で12月15日、13人が「3万円ビジネス」に向けて実践市を出し、マルシェデビューした。

「3ビスマルシェ」をPRする埼玉県マスコット「さいたまっち」

 「月3万円ビジネス」のコンセプトは、好きなことや得意なことから小さな仕事を創り出すことだという。「ドリームマップで自分大発見」「ビジネスアイデアを生み出そう」「月3万円ビジネスモデルを作ろう」「地域でリサーチ!3ビズプレゼン大会」「ビジネスの魅力を伝えよう」という5つのテーマで9月~11月、5回にわたり、上里町商工会の相川充副会長が代表を務める「相川食堂」(上里町七本木)で勉強会を行った。

[広告]

 最終回として12月15日、「地域イベントでビジネス実践」のコンセプトで、ウニクス上里で3月~12月の毎月第3日曜に行われている「ファーマーズマーケット」に参加した。

 出店したのは、絵本の販売などを行う「絵本日和」、ビーズを用いた手作りアクセサリーを販売する「百花と日々」、ストレス発散の空間を提供する「破壊インストラクターマリ姉」、家事や育児に頑張る女性のための手相占い「ほめてそう」、ネイルケア専門の「おうちネイルケアfika」、シルクスクリーン印刷でインテリア雑貨を制作する「シルクスクリーン工房shasha(シャシャ)」など13店。

 「絵本日和」の店主「じゅんちゃん」は「お客さんとの会話の中から今後につながるヒントが得られた」と振り返った。「ひと想(おも)いアートHITOMIYA」を運営する「ひとちゃん」こと、イラストレーターの篠原眸(ひとみ)さんは「ドタバタの中、最後に助けてくれたのは仲間。同じ空間に仲間がいたので頑張れた」とも。