食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

上里スマートIC近くに「アグリパーク上里」 フードコートも併設

「アグリパーク上里」に名称が決まった新店舗

「アグリパーク上里」に名称が決まった新店舗

  •  
  •  

 JA埼玉ひびきの農業協同組合が「上里かみさと館直売所」(上里町七本木)を11月14日で閉店し、同19日、新上里農産物直売所を「アグリパーク上里」の名称で移転オープンする。

11月14日で閉店する「上里かみさと館直売所」

 新店舗は、関越自動車道上里サービスエリアに連結する上里スマートインターチェンジを降りてすぐの場所にある。店名は305点を集めた公募案を元に「アグリパーク上里」に決定した。

[広告]

 敷地面積は約7000平方メートル、うち1000平方メートルが建物で、約250平方メートルが同直売所となる。店内にはフードコート(約60席)も設け、「武蔵野うどん きやんち上里店」(本店=本庄市下浅見)や「29(肉)カフェ」(同=群馬県伊勢崎市)がテナントとして出店する。

 11月19日~26日にはオープニングイベントを予定。19日には「東大御堂(ひがしおおみどう)八十八夜会チンドン部」、23日・25日には「乾武神流川(けんむかんながわ)太鼓」、26日には「農業合唱団ナレッジ・ステープル・シンガーズ」などの出演も予定しており、地域住民有志が新店オープンを盛り上げる。19日には、地域のマスコット「こむぎっち」(上里町)、「はにぽん」(本庄市)、「ミムリン」(美里町)、「神じい&なっちゃん」(神川町)も駆け付ける。

 同店を運営する「上里営農経済センター」マネジャーの原淳一さんは「オープニングセールでは、ブロッコリー、キュウリ、キャベツをはじめとする多くの野菜を特別価格で販売する予定。フードコートで食事もできる新店舗で、新鮮な旬の野菜をお買い求めいただければ」と話す。

 隣接する敷地内にある「上里カンターレ」(上里町勅使河原)では協賛イベントとして、本庄第一中学・高校吹奏楽部による演奏会(今月19日)、上里北中学校吹奏楽部による演奏会(同26日)を予定している。

  • はてなブックマークに追加